松鶴家千とせ

昭和28年、歌手を志し福島県から上京、松鶴家千代若・千代菊へ入門。
同時期、歌謡教室に通うかたわら、理容師の免許を取得、そして、漫才・司会など、幅広く活躍したあと、昭和42年千とせ流家元三代目・『松鶴家千とせ』を襲名。 漫談という芸に自分の生きる道を見つけ、漫談の中に童謡を取り入れる。しかも、ジャズのフィーリングタッチで千とせ独自の「メルヘンの世界」を築き上げ、ファンの年齢層を広げると共に、 『わかるかなぁ・わかんねぇだろうなぁ』の流行語を生みだし、爆発的な人気を得て、テレビ・映画・ドラマ・レコード(歌手)・雑誌・CM・寄席などとマルチに活躍。

昭和51年 第5回放送演芸大賞 漫談部門 受賞
昭和51年 ビクター音楽産業株式会社よりヒット賞 受賞
昭和59年 第8回パロディ展特別部門賞 優秀賞受賞

広告>

毛神力日清焼そばU.F.O. (日清食品)・リカーワールド華セイコー

サントリー秋本食品NOVA北海道イエステーション

ユニオン楽器ピアノパワーセンター中日ビルタウン

映画>

 

<ディスコグラフィ>

<テレビ>

ラジオ>

                                                  ― その他多数―